スタンディングデスク FlexiSpot E7をレビュー【作業効率爆上がり】

スタンディングデスク アイキャッチ画像価値>価格

ついに作業環境にスタンディングデスクを導入しました。

その結果、スタンディングデスクのおかげで作業効率が爆上がり!

スタンディングデスクを導入した理由と半年間使用してみての使用感をご紹介していきたいと思います

総額は約5万円でしたがまったく後悔していない理由もお話しします

大学生にはもちろん、デスクワークがあるすべての人におすすめです!

スタンディングデスクの導入を考えた理由

スタンディングデスクの導入を考えた理由

・立っている方が集中できる
・自分にとって適切な机の高さがいまいち分からない
・以前使っていたデスクは圧迫感がある

イスに座っている時よりも立っている時の方が集中できるという人は意外と多いのではないでしょうか?

僕もこのタイプですが、ずっと立ったまま作業をするわけにもいきませんよね?
通常時は座って作業をし、立ちたいときには立って作業をするという自由がスタンディングデスクなら叶います。

以前使っていたデスクは床からの高さが75㎝と僕にとっては少し高めでした。

天板が高いせいで、マウスやキーボードを使っているとずっと肩が上がっている状態でした。このおかげで年中肩こりなど体の不調に悩まされました。

スタンディングデスクは0.1cm単位で高さの調節が可能です。机の高さが原因で腰痛や肩こりに悩んでいる人はスタンディングデスクのボタン一つでこれらの悩みから解消されます。

また、以前使っていたデスクはデスクの横に棚が連結されているタイプでした。棚が机のすぐ横にあるので、欲しいものにすぐに手が届くため便利ではありました。

しかし、棚と机完全に連結されてしまっているので、狭い一人暮らしの部屋だと机の配置が限定されてしまいました。このせいで大規模な模様替えはほとんどできずにいました。

また、棚もまあまあ大きかったため、部屋全体に圧迫感を与えていました。

上記の理由からスタンディングデスク(電動式昇降デスク)を導入するに至りました。

FlexiSpot E7を選んだ理由

出典:FlexiSpotオンラインショップ

今回購入した商品はFlexiSpotのE7シリーズ(Black)です。

Amazon | FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式昇降デスク 高さ調節 人間工学 パソコンデスク ブラック ゲーミングデスク E7B | 文房具・オフィス用品 | 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式昇降デスク 高さ調節 人間工学 パソコンデスク ブラック ゲーミングデスク E7Bを文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

FlexiSpotのスタンディングデスクの中ではE7シリーズはハイエンドモデルにあたります。

FlexiSpotのスタンディングデスクは脚のみ購入が可能で、今回は脚のみを購入しました。純正の天板をセットで購入することも可能です。

FlexiSpotのE7を選んだ理由は

・電動式で昇降
・高さを記憶するメモリー機能
・口コミが多かった
・昇降の時に自動で障害物検知して停止する

いくらスタンディングデスクと言えど、手動で昇降をしていたらいずれ面倒臭くなることは目に見えています。なので昇降方式は電動一択でした。

同じようにデスクの座った時の高さと立った時の高さを毎回合わせるのも時間が勿体ないと思い、高さを記憶するメモリ機能も必須でした。E7シリーズでは4つの高さを記憶できます。正直、メモリー機能については立位と座位の2つの高さを記憶してくれれば十分です。

E7シリーズ自体は発売されたばかりの機種なので口コミはそんなに多くありません。しかしFlexiSpotのミドルエンドモデル E3シリーズについては多くの方の口コミが高評価だったので安心して購入することができました

障害物の自動検知機能については必須というわけではありませんでした。しかし子供が生まれた時のことを考えて安全のために付けました

スタンディングデスクの組み立てと設置

届いた商品を組み立ててみました。

天板には無印良品のローデスクを購入し、足を外して天板のみを使用しました。

他に必要な道具はドライバー(100均で可)ぐらいです。あるならば電動ドライバーがあった方が圧倒的に楽です。電動ドライバーはホームセンターで借りられるところもあるので探してみてください。

組み立て工程自体は難しく無いので慣れていない人でも1時間半くらいでできるでしょう。

ただ、めちゃくちゃ重い!!

脚だけで重さ約36㎏あります。サイズもまあまああるので、玄関から部屋までも引きずって移動させるしかありませんでした。

(1階から一人で運んできてくれた佐川急便のおじさんホントにありがとうございました)

天板も含めると重さは約53㎏になります。力がある方だったら一人での組み立てはおそらく可能です。

※部屋を傷つける恐れもあるので二人以上での組み立てをおススメします

(特に、画像の状態からひっくり返して配置するまでが大変でした)

半年間使ってみて感じた 良かった点と気になる点

最も高い高さで123cm

最も低い高さで58cm

スタンディングデスクを半年間使用した感想ですが…

快適過ぎて大満足です!!

具体的に良かったポイントと気になる点も解説していきます

良かったポイント:手軽に立ったり座ったりを使い分けできる

当たり前ですが、デスクの高さが自由自在なので座って作業も立って作業も思いのままです

とは言っても、基本的には座って作業をすることがほとんどです

立って作業をするのは

立ち作業をする時

・眠気が出てきたとき
・長時間作業の合間
・やる気が出ないとき

こんな時に立って作業をします。
これを書いている今まさに立って作業をしています(笑)
朝一に活動をする時なんかも寒いし眠いしで立って作業することが多いです。

実際にスタンディングデスクを使用してみると、作業時間的には座っている時間が多いですが、立って作業する時間が入ることで作業効率は圧倒的に上がりました

この感覚は使ってみないと分からない感覚です

良かったポイント:デスクの高さで悩むことが未来永劫無くなった

机の高さが原因となる体の不調

腰痛
肩こり
背中の張り

未来永劫、机の高さが原因でこれらの不調に悩まされる心配が無くなりました。

作業時に体位を変化させることによる腰痛や肩こりの改善は科学的に証明されています。
‘Reducing occupational sitting time and improving worker health: the Take-a-Stand Project, 2011.’
‘Impact of a Sit-Stand Workstation on Chronic Low Back Pain: Results of a Randomized Trial.

健康はお金で買えないので、体調面の改善にはめちゃめちゃ満足してます

良かったポイント:天板を自分で決められる

今回購入したFlexiSpotのスタンディングデスクも含めスタンディングデスクの中には天板を自由に選べるものがあります。

「天板のサイズや素材・柄を自分好みに決めたい」という人は楽しく選べると思います。

(僕は天板選びで少し苦労しましたが、結果的に満足のいく天板を設置することができました)
欲しい天板サイズと机全体の使い勝手がマッチしていることってあまり無いので、このポイントは地味に良かったです。

天板を自分で決めるのは面倒だという人もいると思います。そんな人はオプションで天板をセットで購入することが可能です。

良かった(?)ポイント:カッコいいから気分があがる

個人的に良かった点ですが、スタンディング状態での作業ってノマドワーカーっぽくて気分上がりませんか?

スタバなどで作業している人を見ると、

「こんなところで作業してカッコいいなぁ。でもコーヒー代もったいないしなー」

と思ってしまいます。

スタンディングデスクとインスタントコーヒーがあれば毎日スタバ気分が味わえます!

実際、やる気が起きない時はこれで結構作業効率が上がったりするので案外馬鹿にはできません

気になる点:一人で組み立てるには重い

正直、使っていて気になる点は見当たりません

どちらかというと気になるのは購入から設置までです

今回のスタンディングデスクの脚と天板の総重量は約53kgでした。

一人での組み立てもぜんぜん不可能ではありませんが、力に自信が無い人にはなかなか厳しいかと思いました。力のある男性でも万が一のことを考えると二人での組み立てをおすすめします。

しかし、組み立てが終わってさえしまえばこの重さは机の安定感に繋がります
1ヶ月もしたら重かったことなんて忘れているので、重量に関してはむしろメリットかもしれません。

気になる点:価格が高い

今回購入した商品の価格は天板も含めると購入総額は約5万円でした(2020年12月13日時点)
購入するには少し躊躇ってしまう人も多いのではないでしょうか?

普通のデスクなら10000円もあれば購入可能です。その差額は約40000円になります。

これを高いと判断するか、安いと判断するかです。私自身は余裕で採算が取れると考えています。

例えば自分の時間単価が1000円で、このデスクを2年間使った場合を考えてみましょう。

差額分40000円を時間単価で割ると40時間分の価値となります。これを2年間で割ると月々約1時間半の価値があります。

つまり、このデスクによって月に1時間半以上の生産性が上がるのならば、このデスクは価格以上の価値がある(=投資)ことになります。

私にとって、デスクの高さによる体の不調に対処する時間と眠気でロスする時間は月に1時間半は優に超えているのでこのデスクを購入した価値は十分にありました。

時間単価の考え方ってこういう時にとっても便利ですね。

追記:サポートの対応

実は、使い始めてしばらくして初期不良が発覚しました。
「自動障害物検知機能」が誤作動を起こして昇降できなくなる、というものです。

これに対して、Flexispotの公式サイトからメール(contact@flexispot.jp)で問い合わせをしてみました。
それで結論どうなったかと言うと

一部返金していただいて、対応としてはとても満足です!

返金までのの流れとしては、

メールで問い合わせ

誤作動の状況を動画で報告

説明書に書いてあるような内容を確認

社内で検討

一部返金対応

こんな感じでした。

年末年始を挟んだとはいえ、この間およそ1か月かかりました。
途中でこちらからのメールを受信できていなかったり、メールの日本が若干怪しかったり、サポートとしては少し不安に感じる点もありました。

しかし、メール自体は丁寧でしたし、不良品に対する対応自体は良かったです。
始めは返品交換を提案されました。が、正直天板を取り外してまた組み立てからやり直しはちょっと面倒だなぁと思いました…
そこで「自動障害物検知機能」非搭載製品との差額分の一部返金をこちらから提案しました。
すると、即効で返金されました(゚Д゚;)!(たぶん1時間かからなかったくらいだと思います)

個人的には、結果がよければOKだったのでサポート対応としては満足でした!

サポートの対応
  • 返信は早くはない(問い合わせ内容によるかも)
  • 丁寧ではあったが、若干日本語が怪しい時がある
  • 対応内容は臨機応変に対応してくれて満足

まとめ:すべてのデスクワーカーにおすすめ

スタンディングデスクでできること

・立ちながらのデスクワーク
・机の高さの微調整(0.1㎝単位)

快適なデスクになったことで生産性が上がりました

スタンディングデスクにして良かったポイント

・肩こりや腰痛などの体の不調が改善
・立ち作業で眠気対策、気分転換、集中力UP

(値段が高いことを理由に購入をためらっていた数か月間が本当にもったいなかったです…

何より体の健康のことを考えたら価格以上の価値は十分にありました

今回は障害物検知機能が欲しかったためFlexiSpot E7シリーズを選びました。
(EN1シリーズやEJ2シリーズは値段は抑えられていますが、昇降範囲が少し気になります)

Amazon | FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式昇降デスク 高さ調節 人間工学 パソコンデスク ブラック ゲーミングデスク E7B | 文房具・オフィス用品 | 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式昇降デスク 高さ調節 人間工学 パソコンデスク ブラック ゲーミングデスク E7Bを文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ミドルモデルのFlexiSpot E3シリーズなら機能としては十分です。

Amazon.co.jp: FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式 昇降デスク 高さ調節デスク 人間工学 メモリー機能付き オフィスワークテーブル パソコンデスク ゲーミングデスク 学習机 勉強机 ブラック EQ6(天板別売り) : 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式 昇降デスク 高さ調節デスク 人間工学 メモリー機能付き オフィスワークテーブル パソコンデスク ゲーミングデスク 学習机 勉強机 ブラック EQ6(天板別売り)を 文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象...

コメント

タイトルとURLをコピーしました