【大学生限定】帰省を安く済ませるポイントと帰省方法の比較

  • URLをコピーしました!

長期休暇や年末年始、ゴールデンウィークは絶好の帰省タイミング!
一人暮らしをしていると、年に数回は帰省をして家族や地元の友達に会いたくなりますよね。

しかし、帰省するのに結構なお金が掛かることも
帰省に掛かる費用はできるだけ抑えたいものですよね

そこでこの記事ではいろいろな帰省方法の特徴と、帰省費用を安く抑えるコツを紹介します!

『大学生限定のアレ』を活用した方法ももちろん紹介します
ぜひ帰省の時の参考にしてください!

この記事では大学生のこんな悩みを解決します
  • 帰省手段って何があるの?
  • 帰省安くするにはどうすればいい?
  • おすすめの帰省方法は?
目次

大学生が安く帰省する2つのコツ

JR東日本より引用

まず、大学生が帰省費を安くするポイントは二つ

①学割を使う
②ハイシーズンは避ける

①学割を使う

ご存じ学生の特権『学割』
これを使わない手はありません!

学割を使えば、運賃が2割引になります(利用区間の片道の営業キロが101キロ以上ある場合)

JR(電車・新幹線)で学割を使う方法
  1. 学校で「学生・生徒旅客運賃割引証」を発行
  2. “JRみどりの窓口” or ”JTB店舗”でチケットを購入
  3. 乗車中は学生証を携帯する (必須)

あまり知られていませんが、JTBやHIS、日本旅行などJR乗車券を取り扱う店舗でも学割を使ってJR乗車券の購入ができます

学校によっては、学割証の発行枚数に制限があります
その場合学割証を節約するために一枚の学割証で、往復分の乗車券を購入しましょう。

乗車券は事前の購入が安心です。
当日だと窓口の混み具合が分からず、予定していた列車に乗り遅れる可能性があります。

また、学割はJRだけではなく様々な交通機関で使えます

学割でJR乗車券を買う方法はこちら

学割が使える交通機関
  • JR(電車)
  • 新幹線
  • JR以外の鉄道
  • 高速バス・夜行バス

②ハイシーズンは避ける

年末年始やGWなどのハイシーズンは混みます。
当然、ハイシーズンは高速バス飛行機は値段が高くなります。このタイミングは少しでも避けましょう。

社会人に比べたら、時間の融通が利きやすいのも学生の特権です。

大学生
大学生

そんなこと言われてもバイトがあるからギリギリまで帰れないよ!~

金次郎
金次郎

アルバイトで1万円稼いで、そのせいで交通費が1万円が高くなっていたら勿体ない!
思い切って断る勇気も大切だよ

帰省方法の比較

様々な帰省方法の特徴を紹介します。

自分に合った帰省方法を選ぶ参考にしてください

帰省方法まとめ
  1. 電車
  2. 新幹線
  3. 高速バス・夜行バス
  4. 飛行機
  5. レンタカー

帰省方法①:電車

電車帰省の特徴
  • 料金が安い
  • 学割を使えばさらに安い
  • 自分のタイミングで帰省できる

料金が安く、学割が使えればさらに2割引きになります。
100㎞以内の学割が使えない距離でも、金券ショップでチケットを安く購入可能です。
学割が使える場合でも、金券ショップの方が安い場合があります。

予約の必要がないので、自由なタイミングで帰省できます

電車に限ったことではありませんが公共交通機関の場合、荷物が多いと移動が大変です

帰省方法②:新幹線

新幹線帰省の特徴
  • 値段が高い
  • 早い(時間短縮)

長距離ならベターな選択肢です。
料金は高いですが時間短縮にはなるので、時間単価で考えれば電車よりも新幹線の方がいいかもしれません。

新幹線の運賃にも学割が使えます。
ただし、新幹線の運賃=乗車券(電車と同じ)+特急券です。学割が使えるのは、乗車券の料金に対してだけです。つまり電車でも新幹線でも、同じ距離なら割引額は同じです。

学割が使えない距離なら、電車と同じように金券ショップでチケットの購入も可能です。

新幹線帰省の際に気を付けること

新幹線に特大荷物を持ち込むには事前の予約が必要です
『特大荷物』とは「3辺の合計が160cm超250cm以内」の荷物です。
3辺の合計が160㎝を超えるようなスーツケースは滅多にありませんが、もし事前の予約なしで特大荷物を持ち込むと持込手数料1000円が掛かってしまいます。

新幹線への「特大荷物」の持ち込みについて

帰省方法③:高速バス・夜行バス

高速バス・夜行バス帰省の特徴
  • 料金が安い
  • 移動中は座ってられる(寝られる)
  • 荷物も預けられるので楽
  • バス停の場所が限られる
  • 時間通りにいかない時がある

個人的に、一番おすすめの帰省手段です

料金は時期にもよりますが、基本的には電車と同じくらい安いです。学生割引もあります
早期予約割引もあります。

座席も確保できて、荷物も預かってもらえるので移動中はやりたいことができます。

特に、都市から都市への移動にはバスが便利です。

しかし、バス停と目的地(家)に距離がある場合にはその間の移動手段が必要になります
家族にお迎えをお願いするか、タクシーを検討しましょう(トータルで考えると安く済みます

時間に余裕が無い時にはオススメできません
渋滞に巻き込まれたりすると、到着時間がだいぶ遅くなります。

帰省方法④:飛行機

飛行機帰省の特徴
  • 値段が高い
  • 空港までの移動が面倒

基本的には飛行機での帰省は選択肢に入りませんが、
長距離や海を越えての帰省の場合は選択肢の一つになります。

空港までの移動が手間です。空港までの移動に時間もお金も思ったより掛かります。

料金は購入タイミングによります。需要と供給の影響を受けやすいです。
ハイシーズンを避けて、LCCなら意外と高くはありません。
距離によっては新幹線よりも安い場合があります

空港までの交通費や、総移動時間などトータルで考えましょう。

帰省方法⑤:レンタカー

レンタカー帰省の特徴
  • 値段は人数による
  • 融通が利く
  • 楽しい

最後におまけ程度にですが、友達と一緒にレンタカーで帰省する方法です。

同じ地方の出身の友達を誘って、レンタカーで一緒に帰省します。

一人では割高なレンタカーですが、割り勘なら安く済む可能性があります。

費用としては、レンタカー料金(乗捨て料含む)+高速代+ガソリン代がかかります。
レンタカーを安くするには、じゃらんなどでクーポンを使用できます。

公共交通機関では、遠回りが必要な場合などはレンタカーの方が安く済む可能性はあります。

帰省の際は荷物が多いので、車の乗車定員いっぱいには乗れない(荷物スペースが必要)です。

正直、交通費が安く済むかは微妙ですが、プチ旅行と考えて楽しく帰省するにはおすすめです

まとめ:学割を最大限に活用しよう

大学生の帰省を安くするポイントまとめ
  • 学生の特権『学割』を活用
  • おすすめは高速バス・夜行バス
  • 安く済ませるなら電車
  • タイミングで値段が大きく変わる飛行機や高速バス・夜行バスは。シーズンをずらして早めの予約

おすすめは高速バス・夜行バスでの帰省です

まずは選択肢を比較してみましょう。

いずれの選択肢にしよ、値段を安く抑えるなら『学割』の使用は必須です。

それぞれの特徴から自分にあった帰省方法を選択しください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア頂けると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
TOP
目次
閉じる