大学生がマイナンバーカードを作るべき理由【意外に便利】

便利な制度
スポンサーリンク

あなたはマイナンバーカードを持っていますか?

・「大学生がマイナンバーカードを作ると何ができるの?」
・「マイナンバーカードを作るのってなんかめんどくさそう」
・「そもそもマイナンバーカードって何?緑のペラペラな紙のこと?」

と思っている人がほとんどだと思います。

マイナンバーカードは公的なカードですが、とても実用的で便利なカードです

  • コンビニで住民票の写しや戸籍謄本が発行できる
  • スマホで確定申告ができる
  • 公的な顔写真付き身分証明書として利用できる
  • 保険証として利用できるようになる
  • 各種オンライン申請に利用できる

マイナンバーカードの申請はとても簡単ですが、取得までに時間がかかります。
お得しかないカードなので、持っていない人は早めに申請しましょう。

それではマイナバーカードでできることの解説をしていきましょう!

そもそもマイナンバーとは?

マイナンバーカード
(引用:米原市公式サイト)

マイナンバー通知カード
(引用:香芝市公式サイト)

まずマイナンバー(個人番号)とは、日本に住民票を有するすべての方(外国人の方も含まれます。)が与えられる12桁の固有の番号です。マインナンバーの目的は「複数の機関に存在する個人の情報を、共通の番号で統一する。これによって効率・公正性・利便性を上げる」です。

そして、マイナンバーカードとは、マイナンバーが記載された公的な身分証明証です。

マイナンバーカードに記載されていることは

  • マイナンバー
  • 本人の顔写真
  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別

マイナンバーカードにはICチップが搭載されています。ICチップに搭載された電子証明書を利用することにより、e-Taxなどのオンラインでの行政手続や、民間の便利なサービスを利用することができます。

マイナンバーカードに似た名前にマイナンバー通知カードがあります。マイナンバー通知カードは、細長い薄緑色のペラ紙です。

マイナンバーカード通知カードは、マイナンバーを教えてくれるだけの紙(カード)です。本人確認などには使用できません。

マイナンバー通知カードは、マイナンバーカードを取得するまでの仮のマイナンバー証明証だと思ってください。

マイナンバーカードとマイナンバー通知カードは名前が似ていますが、できることは似て非なるものなので混同しないようにしてね

大学生がマイナンバーカードでできる便利なサービス

それでは、マイナンバーカードを持っていると使える便利なサービスを具体的に紹介していきます。

住民票の写しや戸籍謄本をコンビニで発行できる

マイナンバーカードがあれば、住民票の写しや戸籍謄本などの公的な証明書をコンビニで発行できます。

大学生活では、アルバイトなどなんやかんやで年1回程度の頻度で住民票の写しなどが必要になります。住民票を実家に置いたままで下宿をしている学生は、地元の役所に住民票の写しをわざわざ平日に取りに行く必要があります。

マイナンバーカードがあれば、日本全国のコンビニで平日・休日関係無しに公的な証明書が発行できます。(利用時間は6:30~23:00の間)

しかも、交付手数料はコンビニで発行する方が安い場合もあります。

金次郎
金次郎

住民票の写しは急に必要になることも多いから、コンビニで公的な証明書が発行できるサービスはとっても便利だね!

住民票を取りに帰省するための時間と交通費も考えると経済的な効果は数千円にもなるね

スマホで確定申告ができる

マイナンバーカードがあれば、スマホで電子確定申告ができます。

以前は、確定申告をするには税務署に行ったり、書類を郵送で提出したりする必要がありました。それがスマホとマイナンバーカードがあれば家にいながら簡単に完了できます。

確定申告は経済的に豊かに生きるためには必須のスキルです

確定申告を知っている人にとってはとても便利な機能です。確定申告の方からこちらに歩み寄って来てくれるのならば、必ず確定申告は行いましょう。

公的な顔写真付き身分証明書として利用できる

マイナンバーカードは公的な顔写真付きの身分証明書として使用できます

顔写真付きの身分証明書には運転免許証が便利です。しかし大学生だと、運転免許証を持っていない場合もあります。

顔写真付きの身分証明書が1枚あるととても便利です。

マイナンバーカードは①国が発行している②顔写真付きの身分証明書です。マイナンバーカードは本人確認書類としては最強クラスです。

保険証として利用できるようになる

2021年3月(予定)からマイナンバーカードは健康保険証としても利用できます

将来的にマイナンバーカードはお薬手帳との統合も予定されています。医療情報としてお薬のデータが残るので安心です。

また、確定申告で医療費の情報が自動で入力されます。そのため医療費控除を受けることができる場合は申請の手間が省けます。

健康保険証の代わりにマイナンバーカードを財布に入れれば財布の中身も増えずに済みます。

※マイナンバーカードを健康保険証として利用するにはマイナポータルで簡単な申請が必要です

各種オンライン申請時の証明証として利用できる

マイナンバーカードがあれば行政手続きのオンライン申請がパソコンやスマホから可能になります。

マイナンバーカードにはICチップが搭載されているためオンラインでの申請になどにも利用できます。

マイナポータルサイトで、子育てや介護等の行政手続きの検索や申請がスマートフォンや自宅のPCからできます。行政手続きがより簡素で迅速になり、役所での待ち時間を削減できます。

今のところ民間でのマイナンバーカードが利用できる場面は多くはありません。

・住宅ローンや、不動産取引な どのオンライン契約
・ネット銀行や証券口座の開設

しかし将来的には、民間企業でも会員証や入館パスの代わり、図書館での利用も予定されています。
公的・民間ともにマイナンバーカードを利用できる場面が増えてくることは間違いありません。

証券口座・NISA口座の開設にはマイナンバーカードがあるととても便利です。マイナンバーカードがあれば簡単に楽天証券やSBI証券で証券口座・NISA口座の開設が可能です。

【まとめ】マイナンバーカードは無くても困らないが、持っているととても便利

今のところマイナンバーカードは、持っていなくても困らないが、持っていればとても便利なカードです

財布の中にマイナンバーカード1枚あれば以下のことができます

マイナンバーカードでできること
  • コンビニで住民票(の写し)や戸籍謄本を発行できる
  • スマホで確定申告ができる
  • 顔写真付きの身分証明書になる
  • 健康保険証として使用できる
  • 各種オンライン申請に利用できる

今後の流れとして、マイナンバーカードが利用できる公的・民間のサービスが増えてくることが予想されます。そうなれば、マイナンバーカードの取得が必須であることは間違いありません。

マイナンバーカードの申請から取得までは1ヶ月以上かかることもあります。作って損は無いので、早いうちに申請しておくのがベストです。

マイナンバーカードの交付方法は総務省のサイトや各自治体のサイトをご確認ください
※マイナンバーカードの交付手数料は当面の間無料です

コメント

タイトルとURLをコピーしました